スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待値は高かったが・・・ ロータス79 モデルグラフィックスの特集記事

 今月のモデルグラフィックス8月号はタミヤとハセガワのロータス79特集。
編集者あさのまさひこ氏は以前から、ロータス79の1/20キットを渇望していることを繰り返し公言してきた。そのあさの氏が自ら手がけた特集はどんな内容か。大きな期待を抱きつつ手に取った。



Model Graphix (モデルグラフィックス) 2010年 08月号 [雑誌]Model Graphix (モデルグラフィックス) 2010年 08月号 [雑誌]
(2010/06/25)
不明

商品詳細を見る


  主なトピックは
①タミヤとハセガワの製作記
②タミヤキットを使った工程ガイド
③タミヤとハセガワのキット徹底比較
④タミヤ1/20 ロータス78の製作記
⑤小倉茂徳氏による実車解説と、「F1チームと模型会社との関係、今昔」についてのエッセイ
⑥タミヤとハセガワの開発者インタビュー

 それぞれの記事はあさの氏らしい手堅さでまとめられ、作例、小倉氏の解説とも完成度は高い。インタビューも、やや強引にストーリーをつくろうとするいつものあさの氏のスタイルだが、漫然と質問し、語り手の言い分を機械的に連ねていくだけの記事よりも遙かに好ましいことは間違いない。

 だが、構成的にはほぼ予想通り、というか、驚きのない特集だったことは否めない。「ここまでやるか!」というあさの氏の一世一代の狂いっぷりは感じられず、「あさの氏だったらこういう構成になるだろうな」という予想をよい意味で裏切ったとは言い難い。
 プラスアルファーの車種も「ロータス78はやるだろうな」と当方は予想していたから、そこで止まってしまったのは正直残念だ。

 唯一、作り手のキレ味を感じたのは表紙。ロータス79のマーキングに使われた色を忠実に再現して雑誌のロゴに用いることで「本来クリーム色のロゴが、黒地の上に置かれることで金色に見える」という視覚のマジックを、表紙上で見事に再現してみせた。いかにもあさの氏らしいトリッキーさだった。

 今回の特集に一番欠けていたのは、若い読者層に「ロータス79ってかっこいい! 作ってみよう」と思わせるための仕掛けだったと思う。

あさの氏はインタビューの前ふりで、「ロータス79が当時キット化されなかったことが、なぜ自分たちの世代にとってトラウマになったか」という事情については詳細に語っている。だが、最も肝心な「ロータス79の実車はなぜ、そんなにまで輝かしい存在だったか」ということについては、ほとんど触れていない。

 78年のレースシーンがどんなものであったか。どんなにすごいドライバーやチームがいたか。その中で79はどんな圧倒的な活躍をしたか。二人のドライバー、アンドレッティとピーターソンがどんなに個性的なキャラクターだったか。ピーターソンの悲劇的な最期はどのようなものだったのか。
 
 私が編集者だったら、こうしたことをイラスト、マンガを盛り込みつつ、分かりやすく説明するコーナーを必ず設けていたと思う。
 要するに「ロータス79をキャラ立ちさせてやる」ということだ。男の子がプラモをつくるには、やはりストーリーが必要なのである。

 ロータス79の伝説を共有している人だけにメッセージを送るのでは、極論すれば同人誌のノリとさして変わらない。一般書店の店頭に並ぶメジャー雑誌の巻頭特集には「門外漢を呼び寄せ、パイを拡大させるための仕掛け」が常に必要なのだ。


 もうひとつ、モデル製作上の実用性という面で不満なのが、実車資料がないことだ。実車の取材写真を掲載するのは版権上の問題などで困難なのかもしれないが、ならば最低限、入手しやすい資料のリストとその使用価値について簡単なコメントを付するべきだった。
また、各GPごとの仕様の違いにも言及して欲しかった。特集の記事中で「各GPの細かな違いを再現するのは今やF1考古学」としているぐらいなのだから。

 もしかしたらすでに「クローズアップ&ヒストリー ロータス79」の製作が既に進んでいて、こうした情報の出し惜しみをしたのかもしれない。(こういう楽観的な夢想も悪くはない)。あさの氏には是非、前記書籍の企画・出版を主導し、リベンジを果たしていただきたいものだ。


 あー、あと最後にメーカーに向けてオレの魂の叫び。「1/12でロータス79、出してくれえっ!!!」。
オレにとってのF-1は1/12。あの圧倒的な存在感こそが、魅力のすべてなのである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 吠えましたね~!
 MGは紙面の前半1/3をキット一個ないし二個で乗り切ってしまうというビンボー作戦が続いてますが、モデラー不足ですかね?(笑)それはそれでけっこうなのですが、キット一個重点路線のわりには、ナゼ「AFV」誌や「レプリック」のようにがっつり大判写真とモデリングのような誌面が組めんのだろうと常々疑問です……あんだけページ割いてるわりに。
 いまは模型雑誌はF-1を特集すれば売れるそうですので、やっぱりもうちょっと引っ張るんですかね?

No title

辛口批評、流石ですね。
F1はマクラーレンMP4/7以来組んだ事ありませんが、
最近のF1キットは進化してるんだろうな~
気になります。
これをマックに使おうとする人も出てきそうですね。

No title

>ながとさん

 模型雑誌批評はブログのメインコンテンツのひとつにしていきたいので、
これからもどんどんやるつもりです。
 とはいっても批評に値するほどの雑誌自体少ないのが現状ですが・・・。
 
・決して印象だけで批判するのではなく明確な根拠を示す、
・対案を示す

 ことをレギュレーションにしています。

>さとやん
 タミヤの79、タイヤがすごいっすよー!
 ところで「マックに使う」ってどういう意味?

No title

マック→Mak→マシーネンです。
分かりづらくてスンマセン(汗

No title

なーるほど。
昔からF1とバイクは流用パーツの宝庫ですからな。
マシーネン、最近はマックですか。
おじさんは時代に取り残されていくなあ(涙)

No title

カキコが前後しましたがディアスです

あさのまさひこの特集は・・・まぁヤツのオ ゥ法爾澆燭い淵皀鵑世隼廚辰討泙垢里如⇔匹皸④睇床舛梁仂欒亜
ディアス的にピタッときた時だけよく読むようにしてます。

それよりモデグラ誌の誤字脱字変換ミス、なんとかして欲しい。小さいのから大物まで、ない月はないですね。
いつだか矢矧の作例で「これはやはぎと読むんですよ」なんて記事書いといて、艦名はデカデカと[矢萩]・・・・

まだカワイイ?

今月号のロータス特集では79・79・78と3つ並べた写真で、タミヤ79とハセガワ79のメーカー・モデラー名が逆になってる!
誰もチェックしないんですかね。写真と文章売って飯喰ってるんだから、もっとしっかりしろっつーの!

こういうミスにはイラつくディアスでした

No title

 確かにモデグラは誤植が多いっすね(汗・・・)
 でも、私にとっては、文句をいいながらも「読むに値する」と思っている数少ない模型雑誌なんで大目にみています。
 いっつも編集者を募集しているんで、たぶん人繰りも大変なんよ。

 ちょっと部品精度は甘いけど、アイテム選択や全体のデッサンは優れているんで他には代え難いプラモみたいなもんかなあ。誤植はバリかパーティングラインみたいなもんですかね(よく分からん・・・)
プロフィール

越後屋ひろぽん

Author:越後屋ひろぽん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。