スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ 1/32スピットファイア製作その3 バタフライキットって・・・!?

 週末、コクピットをつくっていました。
 はじめはエンジンを仕上げていくつもりだったんだけど、胴体を先に組んで微調整しながらエンジンを作っていかないと、後でエンジンカウルの合わせで泣きをみることは火を見るより明らかだったので、結局説明書通りにつくることにしました。下手な考え休むに似たり。


 スピット計器板

 タミヤのメーターパネルは零戦でも採用された透明プラパーツの裏にデカールをはるやり方。
 ちょっとドライブラシが強すぎたかね。

 こっちは実物本物の計器板


 実物と比べると、タミヤがいかによーできているかが分かると思います。
 メーターとかはエッチングの方が実物に近くできるのでしょうが、「ガラスが入っている」という演出は
タミヤらしいね。
 あと、パネルの彫刻とかはプラの方が絶対有利でしょう。

 操縦桿のコードは、さかつうの曲げやすいコードを使用。糸ハンダか何かなんでしょうが、結構高い。
 でも、こいつはお勧めです。パイピングがリアルにならないと悩んでいる人は是非!

 実物は3本ですが、見た目を考えて太めのもの2本に。
 ディテールアップ禁止! のはずだったんだけど、早くも破っている。
 まあ、目立つところだけ、ということで。
 こうして実物と比べていると、計器板とかにもうちょっとパイピングを追加したくなるね。

 まだ途中だが、我慢しきれず胴体に仕込んでみる。

 スピットコクピット2

 スピットコクピット

 サイドパネルはまだまだこれから。

 何か順調に進んでいるようにみえるが、足元のペダルと主計器板の床板パーツの接着が甘く、フロアーパネルのF44にはまりづらくなってしまって大あわて。日曜の昼下がりに汗だくになりながら微調整、ということもあった。
 ひとつひとつのパーツは吸い付くようにぴったりはまっていくので、安心しているとこういうことになる。

 実際につくっている人向けのアドバイスとしては、工程6を終えたところで接着剤に完全に乾かないうちに、F44との合わせをきちんと確認する、ということでしょうか。あと、パーツはある程度くみ上げてから塗る方が楽です。コクピット内部色はミスターカラーの特色(ファルケのボディカラー指定色)を使っているけど、塗りやすいムラになりにくい色です。

 ちなみに私は塗装の時には、横山先生と同じくエアブラシ用のリターダー入りシンナーを使っています。
 これでムラにならん。
 乾燥時間の遅れは無印良品の送風機をパーツにあてれば一発解消、ですな。

 このへんのことは、この本に全部載っています。ブログの常連さんにとっては当たり前だの常備品ですが、たまにネット検索で来られる人もいるので、この機会に紹介します。すべてのジャンルのモデリングに役立つ実用情報がめいっぱいつまっています。効率的にかっちょいい模型をつくりたい人のためのバイブルだな。

 
横山宏Ma.K.モデリングブック横山宏Ma.K.モデリングブック
(2006/12)
横山 宏

商品詳細を見る





 このタミヤのスピット、CADの導入以来、高まる一方の部品精度によって生じるアドバンテージを、組み立てやすさではなく「実物にできるだけ近いパーツ構成に基づくリアルな再現」の方に活かす方針をとっている。
 そのためパーツによってはちょっとした接着のズレがコクピット全体、コクピットと胴体の合わせ、さらにはエンジンと胴体の合わせ・・・、と言う風にどんどん広がっていき、全体の完成度を著しく下げることになりかねない。

 まあ、あれですね。蝶の羽ばたきによる大気の乱れが最終的にハリケーンの発生にもつながりかねないという「バタフライ効果」を実感できますな。

 つくっていて、何かと緊張を強いられるキットです。おおらかな昔のキットがちょっと懐かしくもなる。

 零戦はそれほど神経質じゃなかったけどなあ・・・。
 やはり空冷エンジンと水冷エンジンの違いか。それとも、設計思想の優劣に因るものなんですかね。


 とはいえ、ディテールの出来がすごくいいので、ついつい手を入れたくなっちゃう。青年の心をときめかせてくれる秀逸なキットであることは間違いない。
 ちなみに、操縦席後部のキャノピー越しによく見える部分にもパイピングをしてあります。
 そろそろフィギュアにもとりかからないといかんね。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おっ!いい感じじゃないすかディアスです

精密感とくたびれ感がイイッスね。
せっかくの精密コクピットにパイロットがミチッと収まって見えなくなる。飛行機模型の醍醐味。

ところでディアスは一週間くらい前から右目がほぼ見えない状態になっちゃってます。
たまに発病する持病みたいなモンなので心配ご無用なんですが、マニュフェストの今月中に完成は絶望的になってきました。
総理大臣よりは責任感があるつもりなので途中放棄などはしませんが、7月上旬程度までずれ込みそうです。

なにとぞよしなに。

ソウマックスに逝き急ぎ野郎呼ばわりされてるディアスでした

No title

>ディアスさん
 目はモデラーの資本、大事にしてくださいな。
 ストライクバルキリー、じっくり待ちますので、回復されてから入魂の一作を!

 私はどうにもディアスさんのようなスピードは身につきそうにないんで、これからも細切れで途中経過を報告していくつもりです。
プロフィール

越後屋ひろぽん

Author:越後屋ひろぽん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。