スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ1/32スピットファイアその4 微妙・・・

 ワールドカップ、参院選、両方とも仕事のネタという珍しい職場にいます。
 ここんとこ熱い季節ですが、ようやく一段落ですね。とはいえ、仕事の忙しさはもうしばらく続きます。

 今回、生まれて初めてサッカーをまともにみました。準々決勝以降の全試合。
 いやーおもしろいもんですね。スカパーに入っちゃうかも。
 連日午前3時半キックオフというスケジュールで体調はボロボロになりましたが。

 サッカーって、全然思い通りにならないスポーツ。相手もいるし、味方もいる。当然、どっちとも思い通りに動かない。ゴールだってめったに入らない。瞬間の可能性を見逃さず、体全体で思考し、行動するしかない。
 偶然を味方につける、っていうことですね。

 なんでも模型の話にしちゃう私としては、模型つくっている人のかなりの割合は実は「偶然性が嫌い」「すべてを自分の思い通りにコントロールしたい」という気持ちが強い人たちなのではないかと。
 これだけ作り方マニュアルが飽きもせず模型誌の誌面を飾るということは、やっぱり「こうしてこうしてこうすれば、必ずこういう結果が得られますよ」というパターンが好きなんでしょうなあ。
 でも、そんな風にしてできた模型って本当に面白いんだろうか。
 偶然性を味方につけるって実は模型でも大切なのでは?

 ご存じの通り、横山宏先生は模型界では数少ない「偶然活用派」ですね。
 色むらなんて気にしない、というある意味ラフなつくりですが、できあがったものに何ともいえん味わいや生き生き感がある。
 このブログのテーマは「生き生きした模型をつくる」ということなんですが、「生命感」と「偶然性」って実は深いかかわりがあるのでは、と思います。
 飛行機モデラーの中には、色むらを嫌って操縦桿までエアブラシで塗る人がいるそうですが、きれいにできても今にも動き出しそうな雰囲気にはつくれんだろうなー、と思ってしまいます。

 一方で、高石誠氏のようにディテールに凝りまくってしかも全体の生命感もすげえ、って作品もある。

 何ともはや模型の世界も深いものです。
 で、偶然性を味方につけている横山先生は実はサッカー好きでもあったのだなあ、とここでオチがつくのでした。

 え、スピットファイア?
 やっていますよ。キットのフィギュアのゴーグルはクリアーパーツですが、分厚くてつかいものにならない。薄く削ろうとしたらあっという間に破損。しょうがないんで、エポキシパテで苦労してつくってみました。
 でも、この出来が微妙なんだよなー。
 がんばってはみたんだけど、何せ小さいしねえ。
 どうしましょうかね。
 ハセガワさんみたいに素直にゴーグル一体でモールドしてくれていれば、こんな苦労もしなくて済むんですが。

ゴーグル




 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>キットのフィギュアのゴーグル
破損したゴーグルが修正可能ならば、ゴーグル部分を頂点にした
円錐状の型をパテで作り、薄いエンビ板を使ってヒートプレス
またはバキュームしてみてはどうでしょうか?
若干大きくなりますが、このスケールならさほど気にならないかと。
薄さも表現出来ますしね。

No title

>さとやん
 アドバイスありがとうございます。
 ヒートプレスは考えつかなかったですねえ(おバカ)。
 ほかにもいくつか考えてはいるのですよ。
 このゴーグル、今も売っているんですね。
 しまも5~6千円ぐらいで安い!
 当時物はもうちょっとするんでしょうが。

No title

 タミヤは手の動かし甲斐がありますよね~。トランペッターの大型キットは組んでてもぜんぜんおもろないです。これが東側アイテムだとちょっと冴えた出来だったりするのですが(笑)
 うちのスピットもまだ一切手付けずに置いてあります……夏休みあたりには作り始めたいですねえ。

No title

 ラッパ印は相変わらずつまらんですか。
 志のなさをアイテム力でカバーしている。
 いつもアイテム選択で物議を醸すタミヤとは対照的ですなあ。
 ラッパがタミヤから技術者を引き抜けば・・・アワワ(^_^;)
プロフィール

越後屋ひろぽん

Author:越後屋ひろぽん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。