FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる話その1 宇宙戦艦ヤマト

秋のホビーショーも間近で、早売り模型雑誌には色々と気になる話があったり、ネット上も色々にぎわっています。そんな中からネタを少々。

yamato縮小

前々から噂を聞いていたヤマトのプラモデル新作!
1/500で価格は7140円。12月上旬発売予定。

基本イメージは真鍋正一原型・庵野秀明監修の1/700キットの拡大版ですが、艦橋はやや小さめでPS風。
艦体後部両舷の艦載機射出口が強調され、後部甲板もその分広くなっているのが大きな特徴。

写真で見る限り、美しい艦体のラインが萌えー!でして、穴が開くほどMGの見開きページを見てはため息をついています。
すでに2隻確保している道楽オヤヂさんのPS版ヤマトGKも1/500。フジミからも1/500大和が出ているので、これで三隻を同スケールで並べられるなあ、とワクワクドキドキ。
ようやくネット公開された実写版の予告編では、ヤマトもかなりディテールが加えられているようなんで、それを元にディテールアップする楽しみもありそうですね。

 とまあ、ここまでは良いのですが、このヤマト、某所で聞いた話では裏がありまして、実はテレビアニメでパート1のリメーク企画が進んでおり、そこで活躍するはずだったヤマトの設定を元に設計されたキットだとのこと。

 某巨大掲示板にその設定資料の一部が流出しているんですが、確かに設定と写真を比べると、側面なんてほとんどそのままです!
 というわけで、これはかなり確度の高い話なのではないかなー、と個人的には思っています。
 先にも挙げたように、射出口の造形が強調されているのも、リメーク版の演出上の理由と考えると納得がいきますねえ。

 このテレビ版、諸般の事情により現在ペンディング中とのこと。
 流出した設定書の「コスモゼロ」(これも某掲示板で見られます)なんかもすげえかっちょいいんで、ぜひとも
実現してもらいたいもんですが、いまだにヤマトは何かやろうとすると何か起きてしまいますねえ・・・。悲しい。
 せめてこのヤマトが売れて、次は1/72コスモゼロ! あたりに行って欲しいもんですが。

 ついでにいうと私が期待していた実写版新作。元旦の特報を見た時はアニメを相当尊重してくれる雰囲気ですごく期待したんですが、最新の予告編を見るとやっぱりというか当然というか、相当違うテイストみたいで、次第に「観るのが怖いなあ・・・」という気持ちが強まっております。
 中でも怖いのが敵ガミラスの設定。某掲示板などでは、「実体を持たず、地球人の体を乗っ取る精神寄生体」という話が出ています。私もあくまでも「噂」ですが、同様の話を別の所で聞きました。
 うーむ、これでは「謎の円盤UFO」ではないか・・・

 ヤマトの魅力は「互いの民族の命運をかけた戦い」という面にあったのでは、と愚考する私には、もしもこれが本当だったら「これはすでにヤマトではないなあ」と思わざるを得ません。
 むかーし、朝日ソノラマ文庫から出ていた石津嵐版の宇宙戦艦ヤマト(スターシャはイスカンダル星の地下につくられた巨大コンピューターで、デスラーたちはスターシャを守るために生み出された人工生命体というオチ)を読んだ時のような衝撃と違和感を禁じ得ませぬ・・・

 古代守が青い皮膚になって「デスラー」を名乗って古代進の前に立ちふさがるんですかねえ。
 そうじゃないことを心から祈っています。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

越後屋ひろぽん

Author:越後屋ひろぽん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。