スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かっちょいいなあ


 さて、今回のお題はモデルグラフィックスの編集部におじゃました時に、梅本弘さんに見せて頂いた鍾馗の画像である。

  梅本鍾馗

 詳細はスケールアヴィエーションのバックナンバーを参照のこと。
 梅本さんの鍾馗、確かに仕上げは荒い面がある。売りである外板のへこみ表現も実機と比べ極端すぎる、との批判もあるだろう。
 だが、この作品には「模型を通じて何を表現したいか」という明確なイメージがある。
 圧倒的なエンジンパワーが生み出す旋回時の強烈な横Gを受け、たわむ機体。Gに抗い必死に機体をコントロールしようとするパイロット。この飛行機は明らかに「生きている」のだ。

 南青山にあるミュージアムモデルの専門店にたまに足を運ぶが、数十万~数百万円という値段のことは別にしても、正直欲しいと思ったことはない。飛行機の「ハリボテ」「はく製」という印象がぬぐえないのだ。
 もちろん、ミュージアムモデル的なアプローチにリアルさや価値を見いだす人も多いだろうし、私はそれを否定するつもりはない。趣味の世界で、他人の趣味や好みを否定するのは厳に慎まなければならない。

 だが、「表現としての模型」というテーマも、特にエアモデルの分野ではもっともっと突き詰められてよいのではないか。

 本当によくできた縮尺模型には実物を超えた凄みがあると思う。情報を取捨選択し、再構成し、凝縮することで、存在感までが凝縮されるからだ。

 模型が「実物の模造品」だけで終わってしまってはつまらない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひろぽんさんこんばんはディアスです

自分も同じく「生きている」型作りを目指しております。
以下は飛行機に限っての話ですが
1:パイロットを乗せる
2:飛ばす
3:汚す
をテーマにしとります。その点でVF-1Jバルキリーは作ってて最高に楽しい。バトロイド形態になると途端に頑丈になるらしく、鉄骨や歩道橋に突っ込んでへっちゃらにぶっ壊す。
そこでAFVでいうチッピングがハデに出来る。誰かにツッコまれても「これはね・・・」と言い訳できるし。
マジ楽しい。ハセガワさんキットリリースしてくれてありがとう!早くS型たのます。もたもたしてると俺が飽きちゃうぞ。

勝手なことばっか書き散らしてスマンソンディアスでした

No title

 ディアスさん、そーいえばVF-1を「バトロイドに変形する」という前提でつくっている作例は見たことないですね。でも、よー考えればそうした方がよっぽどリアルですな、というかバルキリーのキャラがぐっと立ちますよねえ。

 私もパイロット乗せるかフィギュアとからませるのが大好きですが、乗せなくても「生きてる」感じにできるんじゃないかと思い始めたところです。

 バルキリーの画像、暇なときに是非送って! こっちのブログで公開さしてちょ。

No title

マメな更新ありがとうございます。見習わなければ。
自分は戦車はロシア、飛行機は米軍機が好きで、デカイくて無骨な程良いです。ドイツ機は何故が興味が湧かないが、フォッケウルフだけは好きというアンチドイツ野郎ですが、越後屋さんの作る米軍機が見てみたい。

No title

>さとやん

 私にとって米軍機は鬼門、というか横山先生に「マスタングの特集どうだった?」と聞かれた時に「あの飛行機は嫌いです!」と即答してしまったとんでもない奴です。
 でも、米海軍機は好き。コルセアは大好きですし、最近ヘルキャットもつくりたいなあ、と思っています。昔ハセガワの32をオヤジに作ってもらっていたんですが、あの胴体ライン、結構色気があるんですよね。

 それから、さとやんのブログにコメントしようとしたらスパム扱いされちゃった(T_T)
 どうしてだろう?

No title

海軍機良いっすね~
ヘルキャット・アベンジャー・なかでもヘルダイバーのダイブブレーキを開いて急降下する姿は
シビレますな。
戦艦大和がこれらの海軍機にフルボッコされたのは憎いが取り敢えず目を瞑るとします。

>コメント
ありゃ弾かれましたか。
コメント設定変更してみたので、もう一度やってみてください。

No title

>さとやん
 海の戦いは恨みっこ無しだね。無意味な出撃を命じた日本海軍こそ非難されるだと思います。
 コメント、今度はちゃんと出来ました。これからもよろしくお願いします。

プロフィール

越後屋ひろぽん

Author:越後屋ひろぽん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。